主な機能

レジ

売上げを登録

posレジシステムの機能として挙げられるのが、売上を登録する機能です。データベース上に商品情報を登録することができます。商品情報の登録はリアルタイムなので、確認したい時に売り上げを確認できるのです。クラウドを利用すれば、情報量が増えても問題なく対応することができます。基本的に金額を入力するか、バーコードをスキャンすれば商品情報を登録することができるのです。売り上げの確認作業が楽になるでしょう。

釣り銭の計算

今までは、レジで従業員が手入力でお釣りを計算していることが多かったでしょう。このような作業をすることによって、釣り銭の間違いが発生しやすくなっていたのです。特に、業務を初めて間もない新人のミスが多いと言えるでしょう。ですが、posレジシステムを導入すれば、自動で釣り銭を計算してくれます。機械が計算してくれるので、新人の従業員がレジ業務を行ってもミスの心配がなくなるのです。よりスムーズに業務を行なうことができるでしょう。

クレジットや電子マネー

最近では、コンビニやスーパーなどで買い物をする際にクレジットカードや電子マネーを利用する方が増えてきています。posレジシステムでは、このような現金以外での支払いにも対応することができるのです。この先、クレジットカードや電子マネーによる支払いを利用する方は、さらに増えてくると考えられています。特に、スマートフォンでは電子マネーを利用した支払いが可能です。消費者のニーズに合わせた機能が注目を集めています。

売上ジャーナル

原則として、売り上げの記録は店側で7年間保管しなければなりません。その方法としては、レシートの内容と一致する記録を紙で保管するのです。ですが、posレジシステムを導入し、税務署に申請することでこのような手間を省くことができます。電子データを紙に記入せず、そのまま残しておくことができるのです。また、レジでの操作ミスや、両替操作などを簡単に記録することもできます。記録の検索も楽に行うことができるでしょう。

商品の情報登録

商品の価格や名称、種類やメーカーなど、様々な情報をシステムに登録することができます。一般的にはposシステムと基幹のマスタ情報を連携して情報を共有するでしょう。その為、基幹システムとposシステムが連携できるパッケージが人気です。店鋪を複数持っている場合には重宝するでしょう。商品の情報を予め登録しておけば、バーコードをスキャンするだけで商品の情報がチェックできます。在庫管理システムとも連携することができるでしょう。

[PR]

posのレジシステムを導入しよう★
顧客管理が楽になる。

広告募集中