業務が楽に

業務が楽に

タブレットposレジシステムを導入することで、業務環境を改善できる

業務に与える影響

男女

コストを抑える

posレジシステムを導入する場合、100万円程の初期費用が必要だと言われています。レジ単体の費用だけではなく、集計システムなどを導入するための費用も含まれています。個人で店舗を経営する場合は大きな負担となる場合があるのです。ですが、タブレットを利用することで、初期費用を抑えることができます。格安のタブレット端末とクラウドとの連携で、初期費用を10万円程度に抑えることも可能だと言われているのです。

機能を管理

posレジシステムの最大の特徴とも言えるのが、機能管理です。様々な機能をタブレット一つで管理することができるのです。特に、売り上げの管理については、クラウドを利用することで他店舗との連携が図れます。リアルタイムで売上情報を管理することができるのです。売り上げが伸びない商品や、時間帯を把握することで店舗の弱点を克服することができます。また、在庫管理なども便利に行えるようになるでしょう。

データを分析

タブレットを利用する場合は、基本的にクラウド上でデータを保管します。さらに、データの集計なども行なうことができるのです。このような機能を利用することで、販売データの分析ができ、ABC分析を行なうことができるでしょう。販売促進や在庫調整にとても役立ちます。CPM分析やRFM分析なども行なうことができるのです。実際の販売データを分析することで、効果的な対策を講じることができるようになるでしょう。

持ち運べる

一般的に利用されているPC型のposレジを持ち運ぶのは困難でしょう。ですが、タブレットを利用することで、タブレットのみを切り離して持ち運ぶことができます。レジ周りの機器を減らすことができるので、場所も広く確保できるでしょう。小規模の店舗でも問題なく利用できます。タブレットでは商品情報も確認できるので、商品情報に疎い新人従業員でも問題なく商品の説明を行なえます。取り外せることで得られるメリットは大きいのです。

タブレットの未来

最近ではPC型posレジではなく、タブレットを利用する店舗も増えてきています。上記で紹介したような機能に加えて、メリットが豊富にあるからです。クラウドとの連携をすることで、別の端末から売り上げデータなどを確認することもできます。店舗を離れていても、しっかりと売り上げを確認することができるのです。また、業務の拡大に合わせて必要な機能を追加するのも簡単です。これから先、タブレットを利用する店舗は増加していくでしょう。

広告募集中